梅若 実 | 知命社中

 
登壇者情報

speaker
登壇者一覧
(敬称略、五十音順、役職経歴はご登壇時のものです)

梅若 実
Module 4~5
“ 至芸の伝統と革新における精神性”
Minoru UMEWAKA
能楽観世流シテ方 梅若六郎家 五拾六世当主 四世 実/
日本藝術院会員/重要無形文化財各個認定(人間国宝)保持者

プロフィール

1948年東京生まれ。1951年、能「鞍馬天狗」子方で初舞台、17歳で「道成寺」を披く。1979年、梅若六郎家当主継承。1988年、五拾六世 梅若六郎を襲名。2008年12月、梅若家中興の祖である玄祥の名を後世に残す為、345年ぶりに名跡復活、二代 玄祥と舞台名を改める。
古典は基より廃絶された能の復曲、新作能の上演に自ら出演・演出するなど華のある舞台で常に注目を集め、名実ともに第一線で活躍、現代に生きる古典芸能としての能を支えている。また、海外招聘公演も多く能の普及と国際文化交流の一役を担っている。
2018年1月より曽祖父初世実・祖父二世実、父三世実に続き梅若六郎家の名跡・実を襲名する。

contact us
お問い合わせ

連絡先:知命社中事務局(株式会社グロービス コーポレートエデュケーション)
〒102-0084 東京都千代田区 二番町5−1 住友不動産麹町ビル
TEL:03-5275-3695